November 2016  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

イイサオの日

今日は11月30日。

「イイサオ(1130)」の日です!!(ホンマかいな…w)

 

みなさん「イイサオ」は持ってますか?

最近では8万円台のロッドも珍しくなく、どんどん値段が高くなっているような気もしますが、良いロッドの定義って、決して高価なハイエンドモデルだけじゃないと思います。

(ハイエンドモデルを否定してる訳じゃないですよ)

自分の釣りのスタイルに合っていて、使いやすいロッドが、本当の「イイサオ」ではないでしょうか?

 

 

 

 

こちらはワタシの愛用している「iRod」のパンチングモデル。

パワー重視のガチムチなロッドで、琵琶湖のウィードマットを撃つには最適。

150ドルほどで買えるのですが、ホントに「使いやすい良いサオだなぁ〜」と思わせてくれる一本です。

 

なんて書いてると、追加で違う番手が欲しくなっちゃった…。

今日は「イイサオ」の日だし、みなさん勢いでポチッといっちゃいますか?(笑)

 

あ、ちなみに今日は全国味醂協会が制定した「い(1)い(1)み(3)りん(0)」の日らしいですよ♪

「りん」に若干の無理がないかい…?

七五三

娘の七五三へ行ってきました。

 

 

この小さい手をあわせて、いったい何をお願いしてるんでしょうね?

家族の幸せかな?それともお菓子が欲しいとか?

 

どんな願い事でも良いけど、パパからの願いは一つだけ。

「元気に大きくなってね」

ただ、それだけです。

 

Basser Allstar Classic 2016

週末は、千葉県香取市にある「水の郷さわら」で開催された「バサーオールスタークラシック2016」の会場へ行っておりました。

 

 

早朝5時から電車とバスを乗り継いで、朝7時発の飛行機で関空より成田空港を目指します。

初めてLCCを利用したのですが、その安さにビックリ!

片道5000円ほどで成田へ行くことができました。

いやー、凄い時代だわ…。

 

 

成田空港からは再び電車に乗り込み、自宅を出発してから5時間後の午前10時頃にバサクラ会場に到着。

「寒っ!!」

って言葉を何度発したのか数えきれないほどの天候でしたが、それでも熱いハートを持ったバスアングラーの方が大勢来られてました。

いやー、さすが日本で最も盛大なバストーナメント。凄いですねー!!

 

 

2日間に渡って繰り広げられた戦いは、既に報じられている通り北大祐プロの優勝で幕を閉じました。

「北プロ」と言うよりも、「北くん」って言う方が慣れてるワタクシ。

最近は会う機会が減ったけど、10年前に琵琶湖や野尻湖でチョコチョコと会って一緒にご飯食べてた頃が懐かしいよ…。

北くん!ホントにおめでとう!!

 

 

滞在中は、昨年と同様にハーツマリンさんでお世話になっておりました。

スタッフの方も、会員の方も、みなさん優しく接してくださる居心地の良いマリーナ。

いつも「帰りたくないな〜」なんて気分になっちゃいます。

ホント、ありがとうございます!!

 

先述の通り、今やLCCの普及で事前に予約してると比較的安価で飛行機に乗れる時代になりました。

成田空港から会場までは電車で待ち時間や乗り換えを含めても1時間ほど。

「利根川は遠いしなぁ…」

なんて思ってしまいがちですが、一度は訪れてみると良いですよ。

楽しいし、格好良いし、感動するし、素敵な時間を過ごすことが出来ますよ!

 

 

運動会

先週末の土曜日は、子ども達の通う保育園の運動会でした。

 

 

年長さんの長男は、これが保育園では最後になる運動会。

1歳の頃から通っているので、最初の運動会はヨチヨチと歩いたりゴロ〜ンと寝っ転がるようなお遊戯だけでしたが、それから5年も経つと、竹馬に乗ったり鉄棒で逆上がりをしたりして、保育園で成長した姿を見せてくれました。

 

1回目のチャレンジでは失敗しちゃった跳び箱。

みんなに「がんばれー!」と言ってもらって、再挑戦したら見事に成功したね。

「走るん遅いねん」と気にしてたリレーは、残念ながら負けちゃったけど、少しでも前へと一生懸命に走る姿は、とても格好良かったよ。

 

37歳になるワタクシは、体脂肪率の上昇、腰痛、痔と著しく身体の機能が低下しておりますがw、子どもの成長はホントに早いですね。

息子と娘、そしてお友達の大きくなった姿に、終始感動しっぱなしの一日でした。

 

Never Give Up!な一日

Facebookでは既にアップいたしましたが、先週金曜日に大阪市内を流れる淀川で、B.A.S.S.エリートツアーで活躍されてるマイク・アイコネリ選手と清水盛三選手の取材をお手伝いさせていただきました。

 

 

憧れのプロにお会いすると、37歳のオッサン(左側のワタシです)でもこんな顔になるほど喜ぶんですね(笑)

快くサインをしてくださった上に、肩まで組んでポーズまで決めてくれたアイク。

もう、あまりにも嬉しすぎて、頭が真っ白になって記憶が飛んでおります。

勿体ない…。

 

Day six in Japan. Small boat and big bass! Come on let's go! #ikeinjapan #goingike @bass_nation

Mike Iaconelliさん(@mikeiaconelli)が投稿した写真 -

 

ワタシのアルミボートに、エリートシリーズで活躍されてるプロがお二人も乗船。

ありえないほどに、豪華な光景です。

いやー、未だに信じられません。

 

 

この模様は、釣りビジョンさんで放送されるのかな?

まだ情報は未定ですが、いつかTVで見たいですね!

 

UVスピードクロー

夜の釣具屋さん巡りから無事に帰還。

いや、いろんなものを買っちゃったから、「無事」かどうかは分かりませんw

 

 

同じようなカラーを持っているのに、ついつい買ってしまうのがZOOMのウルトラバイブスピードクロー。

「この色カッコエエ―!!」

と思うと、そのまま買い物かごに入ってることが殆どです。

 

去年のバサクラでは、スポンサーの域を超えてウイニングルアーとなったスピードクロー。

日本のメーカーからも同じようなワームが次々と発売されていて、しかもMADE IN JAPANなだけあって元祖よりも動きが良かったりするのですが、ついつい「ZOOM LOVE」なワタシはコチラを買ってしまいます。

なんせ、カワイイし…(萌)

 

ちなみに、今回手に入れたカラーは「GEORGIA CRAW」と言うカラー。

パッと見はブラック&ブルーフレークと変わりないのですが、ぼんやりとグリパンの風味が醸し出されております。

それが効くのかどうかは知ったこっちゃありませんが、カッコイイ色なので購入。

もう、それだけで「釣った気」になれるのですw

 

 

デッキカーペット

穴が開いてボロボロになってたボートデッキのカーペットを、ベリベリと剥がして、新しいカーペットに張り替えておりました。

 

 

ホントはボートデッキ全てを新しいカーペットに張り替えたかったのですが、そんな時間も技術もないので、最もダメージの大きかった浮力体部分のみを貼り替え。

噂には聞いていましたが、このへばり付いたボンド痕を剥がすのはホントに大変。

パーツクリーナーやガソリンを使って溶かしながら剥がしてたのですが、なかなか簡単には終わらず、かなりの時間を費やしてしまいました。

ヘロヘロです…。

 

 

なんとか陽が沈むまでに貼り終えることが出来たのですが、色がバラバラで不細工すぎる…(汗)

とりあえず(仮)のつもりでやったのですが、それでもダサすぎるなぁ…。

シーズンオフに全面張り替えるつもりだったのですが、それまで我慢できそうにありません。

ワーム補充

釣りの後は、釣具屋さんでお買い物。

これ、ワタシのお約束コースですw

 

 

ファットアルバート、スピードクロー、アノストなどを補充。

自分のショップではクランクベイトばかり販売させてもらってますが、実はワームも大好きなワタクシw

欲しいワームの、欲しいカラーが売られてたので、超テンションがあがりました!

ワーム整理中

ゴチャゴチャになってたワームと小物類を整理しております。

 

 

ダイソーで売ってるタッパーを使用。

この1800がサイズ的にベストマッチングw

 

 

おぉー!ピッタリ!!

 

 

こんな感じで、モリモリ増殖中です。

まだ新品ストックのタッパーを何個かゲットしているので、時間を見つけては整理に勤しみたいと思っております。

なつやすみ

13日からいただいてた夏休みも、今日が最終日。

家族で淀川へオカッパリに出かけたのですが、せっかく前日から用意してたタックルボックスを家に忘れてしまいw、ロクに釣りができなかったので速攻で自宅へ戻り、ゴソゴソとフライングで仕事をしております。

 

 

13日(土)は、Teckelの前田さんと一緒に淀川へ。

お互いに試してみたいことがあり、殆どの時間を鳥飼大橋下に費やしました。

いやー、夏の釣りは日陰に限りますw

 

 

ワタシは、ニシネルアーワークスのドロップショットミノーで何本か釣ることができました。

普段は目に見えるシャローカバーを撃つのが好きなのですが、この日は珍しく魚探を見ながらバスを探しておりました。

たまには違うスタイルで釣りをするのも楽しいですよね!

 

 

釣りを終えて自宅に帰ってからは、すぐにクルマの荷物を積みかえて家族で四国へ向けて出発。

5歳になる息子が、TVで見た仁淀川の美しい景色に感動したらしく、

「仁淀川に行きたいー!」

とリクエスト。エリアチョイスが渋すぎやろw

 

 

「仁淀ブルー」とも言われる仁淀川の美しい景色を実際に見ることが出来て、とても嬉しそうにしてました。

水が冷たかったねー。

 

 

夕方の良い時間には、立ち寄ったリザーバーでオカッパリ。

前日に父(ワタシ)にバスをもたらしてくれたドロップショットミノーは、息子にもナイスなバスを連れてきてくれました。

他のワームも試したのですが、息子曰く、

「西根のオッチャンが作ったワームが、いちばん釣れるなー」

との事でしたw

父の立場を押しのけて、ニシネルアーワークスのフィールドテスターになる日も近いかもですねw

 

 

愛媛県から「しまなみ海道」で広島県へ渡ったのですが、途中でチョコチョコとインターを降りて、瀬戸内の島々を散策してみました。

高速道路で陸続きになっているとは言え、島には何だかユッタリとした時間が流れていて、瀬戸内の気候と同じように穏やかでホッコリとしたような気持ちになれました。

 

 

最後は尾道へフェリーで渡り、商店街をウロウロと散歩。

今から20年前、大林宣彦監督の映画に影響されて、カメラを持って一人で何度も訪れた街なのですが、その当時からの「懐かしい雰囲気」は未だに残っていて、同じ景色を子ども達と見ているのが不思議な感じでした。

17歳のワタシは、家族で尾道に来るだなんて想像もしてなかったよなぁ。

 

 

尾道の街を後にし、渋滞を避けながら家に戻ったのは深夜3時。

結局は疲れが更に溜まったような気もしましたがw、家族で楽しく夏休みを過ごすことができました。

子ども達も、以前にも増して日焼けで肌が真っ黒になったような気がします。

青い空のしたで太陽の光を浴びながら、どんどん大きくなれよ!

12345>|next>>
pagetop