August 2016  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ワーム整理中

ゴチャゴチャになってたワームと小物類を整理しております。

 

 

ダイソーで売ってるタッパーを使用。

この1800がサイズ的にベストマッチングw

 

 

おぉー!ピッタリ!!

 

 

こんな感じで、モリモリ増殖中です。

まだ新品ストックのタッパーを何個かゲットしているので、時間を見つけては整理に勤しみたいと思っております。

なつやすみ

13日からいただいてた夏休みも、今日が最終日。

家族で淀川へオカッパリに出かけたのですが、せっかく前日から用意してたタックルボックスを家に忘れてしまいw、ロクに釣りができなかったので速攻で自宅へ戻り、ゴソゴソとフライングで仕事をしております。

 

 

13日(土)は、Teckelの前田さんと一緒に淀川へ。

お互いに試してみたいことがあり、殆どの時間を鳥飼大橋下に費やしました。

いやー、夏の釣りは日陰に限りますw

 

 

ワタシは、ニシネルアーワークスのドロップショットミノーで何本か釣ることができました。

普段は目に見えるシャローカバーを撃つのが好きなのですが、この日は珍しく魚探を見ながらバスを探しておりました。

たまには違うスタイルで釣りをするのも楽しいですよね!

 

 

釣りを終えて自宅に帰ってからは、すぐにクルマの荷物を積みかえて家族で四国へ向けて出発。

5歳になる息子が、TVで見た仁淀川の美しい景色に感動したらしく、

「仁淀川に行きたいー!」

とリクエスト。エリアチョイスが渋すぎやろw

 

 

「仁淀ブルー」とも言われる仁淀川の美しい景色を実際に見ることが出来て、とても嬉しそうにしてました。

水が冷たかったねー。

 

 

夕方の良い時間には、立ち寄ったリザーバーでオカッパリ。

前日に父(ワタシ)にバスをもたらしてくれたドロップショットミノーは、息子にもナイスなバスを連れてきてくれました。

他のワームも試したのですが、息子曰く、

「西根のオッチャンが作ったワームが、いちばん釣れるなー」

との事でしたw

父の立場を押しのけて、ニシネルアーワークスのフィールドテスターになる日も近いかもですねw

 

 

愛媛県から「しまなみ海道」で広島県へ渡ったのですが、途中でチョコチョコとインターを降りて、瀬戸内の島々を散策してみました。

高速道路で陸続きになっているとは言え、島には何だかユッタリとした時間が流れていて、瀬戸内の気候と同じように穏やかでホッコリとしたような気持ちになれました。

 

 

最後は尾道へフェリーで渡り、商店街をウロウロと散歩。

今から20年前、大林宣彦監督の映画に影響されて、カメラを持って一人で何度も訪れた街なのですが、その当時からの「懐かしい雰囲気」は未だに残っていて、同じ景色を子ども達と見ているのが不思議な感じでした。

17歳のワタシは、家族で尾道に来るだなんて想像もしてなかったよなぁ。

 

 

尾道の街を後にし、渋滞を避けながら家に戻ったのは深夜3時。

結局は疲れが更に溜まったような気もしましたがw、家族で楽しく夏休みを過ごすことができました。

子ども達も、以前にも増して日焼けで肌が真っ黒になったような気がします。

青い空のしたで太陽の光を浴びながら、どんどん大きくなれよ!

トレーラー車検

年に一度、必ず訪れるボートトレーラーの車検。

今年も、その日がやってまいりました。

 

 

神戸市にある「神戸運輸監理部兵庫陸運部」へ。

って、名前が長い!

いわゆる「陸運局」ってやつですね。

カワイイお姉さんがいる窓口で書類を購入し、自賠責保険の継続手続きをし、重量税や検査代の印紙を貼り、必要事項を記入したらトレーラーを引っ張って検査レーンへ。

 

 

月初めってこともあったのか、検査レーンはガラガラ。

点検ハンマーで叩いたり、メジャーで長さを測ったり、灯火類のチェックをして、無事に何事もなく検査終了。

所要時間は約5分w

 

 

これで、また来年まで乗ることが出来ます。

毎度のことながら「なんでエンジンもイスも無いのに1年車検やねん!」って思いながらのボートトレーラー車検でしたw

 

 

トレーラー整備

明日は、年に一度必ず受けないといけないボートトレーラーの車検日。

一発合格を目指して整備をすすめているのですが、既に暑い…。

午前中の涼しいうちに終わらせようと頑張っているのですが、もう暑くて嫌になってますw

 

 

車幅灯のLEDランプが怪しかったので、新品を取り寄せて交換しています。

「端子を外して付け替えるだけだから超簡単♪」

と思ってたのですが、いざ交換しようと新品を箱から取り出してみると、

 

 

先っぽが変わっとるがな!

仕様が変わったのかな?それともワタシが間違えてオーダーしたのか?

このままじゃ交換出来ないので、とりあえず圧着端子を探してきます。

どこに片付けてたかなぁ…(汗)

BGMは何にする?

週末のイベントで使用するBGMを選んでました。

 

 

耳に入って心地の良い音を中心にチョイス。

BGMで店の雰囲気が変わるので、商品と同じくらい慎重に吟味しないといけませんね!

GR復活

昨年、ワタシのミスで液晶画面を割ってしまった愛機GRデジタル。

ずっと放置していたのですがw、突然に使いたくなって修理に出しておりました。

 

 

液晶ディスプレーを交換して帰ってまいりましたー!

約1年間放置してたのにも関わらず、いざ修理に出すと、たった一週間で帰ってきました。

しかも、修理代の安かったこと…。

もっと早くに動いていればよかったですw

 

GRって、画質が良いですよねー。

写りや発色など、メインで使っているキヤノンのEF28-70mmF2.8LUSMより好きかも。

こんな素晴らしいカメラが、こんなに軽量で持ち運びできるのだから、カメラ技術の進化ってスゴイですね。

常にEOS-1HSと大量のフィルムを持ち歩いてウロウロしていた、中学生の頃の自分に教えてやりたいですw

準備でウロウロと…

今日は朝から子ども達を保育園へ送って行き、妻を会社まで送っていき、そのまま大阪市内をウロウロと。

 

 

心斎橋で会場までのアクセスの写真を撮り歩いたり、本町で什器を買ったり、ホームセンターで不足分を買い足したり、釣具屋さんでフックを買ったり…。

(最後のは必要なのか?笑)

いやー、久々の都会は疲れますねぇ…。

適度に都会で適度に人の少ない尼崎が、やっぱり自分に合ってますw

 

 

時間が経つにつれ、クルマの助手席には荷物がモリモリと増えていきます。

それに比例して、財布はドンドンと軽くなっていきます。

たった2日間の開催と言えども、必要なものは沢山あるので、やっぱり経費がかかりますねぇ…。

大赤字になると二度としないので、みなさん是非お越しくださいねw

ヒッチメンバー

今朝、注文してたヒッチメンバーが我が家に到着!!
まだ車は無いのですが…(汗)





箱デカッ!!
強度を重視して、サイドブラケットとクロスバーが一体化している物をチョイスしたので、梱包された箱がデカイの何の…。
そりゃ、車の横幅と同じくらいのサイズだから当然ですよね。
運送屋さんが焦ってました…。

アメ車のSUVだと、牽引用にボールマウントを差し込む穴が最初から設定されているので、配線用のカプラーを日本仕様に変更するだけでスグに牽引できて楽チンだし、何より費用を抑えることが出来るのですが、日本車だと色々と用意するものが必要なので大変です。
と言っても、コレが無いとボートを引っ張ることが出来ないので、自分のボートで釣りに行くことも出来ないワケで…。
時間と費用が痛いところではありますが、コレもサオやリールやルアーと同等(それ以上かも)に大切なパーツなので、仕方がないですね。

ってか、釣りに行きたいよ…(涙)

愛車との別れ

4年半前に中古で購入して以来、いろんなフィールドまで釣りに行ったり、いろんな場所へ家族で遊びに行った愛車「トレイルブレイザー」が壊れてしまい、残念ながら廃車することになりました。





昨日は、愛車を保管してくれてた友人の勤めるディーラーへ、積みっぱなしだった荷物を引き取りに行っておりました。
物心ついた頃から、ずっと愛車がトレイルブレイザーだった息子は、永遠の別れを悲しみ大号泣…。
そんな息子を見て、父である私も涙目に…。
息子がトレイルブレイザーをそんなにも愛してくれてた事に驚いたり、物を大切にする心を持ってくれてることが嬉しかったり、なんだか最後に色んな事を愛車が教えてくれたような気がします。

釣りには「タックル」という言葉が存在します。
サオだったり、リールだったり、ルアーだったり。
それらの組み合わせを総称してタックルと呼ぶことも多いですが、いろんなフィールドへ出かけることの多いバスアングラーにとって、車も立派なタックルの一部だと思います。
細い道を走って野池探索をし易いコンパクトな車、カートップでボートを積むキャリアの付いた車、ボートを牽引するパワーを備えている車。
淀川のように、オカッパリ出来る範囲が広い場合は自転車が重要なタックルでもありますしね。
ワタシの場合は、家族でいろんな所へ遊びに行ける上に、ボートが牽引できる車がチョイスの対象になります。
「次は、どんな車にしようかな?」
と考えるのも、
「次は、どんなサオにしようかな?」
と考えるのと同じくらいに楽しいですよね。

まぁ、予算の都合がありますが…。

Half Finger Glove

釣りをするとき、アナタはグローブ派?それとも素手派?
ワタシは年中通じてグローブを使用する派です。





通気性の良いロングスリーブシャツ&グローブで日焼け対策にもなるし、グリップ力もアップするので、真夏でも画像のような薄手のグローブを愛用しております。
(指の先っぽだけ焼けちゃいますがw)

このグローブはとても気に入っているのですが、写真で見る以上に実際にはダメージが大きくて、そろそろ限界かも…。
同じものが欲しいのですが、何処の釣具屋さんにも売ってなくて困っています。
コレ良いんだけどなぁ…。なんせ500円だったしw
ストックも含めて、もっと買っておけばよかったです。
 
1234>|next>>
pagetop