December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017.10.10 琵琶湖

オンタリオ釣行記が未完ではありますが、ちょっと日本の釣りもブログアップ。

先日、短時間ですが琵琶湖の流入河川へ釣りに行っておりました。

 

 

 

 

木ノ浜のマリーナから出船し、水路を抜けて本湖へ。

そこからさらに移動し、目的の流入河川へと入ります。

 

超久々となる流入河川。訪れるのは春以来かな?

約半年ぶりとなる景色にワクワクしながら、クランクベイトやジグでバンクを流していくと、流れの当たる美味しそうなカバーを発見!

そぉ〜っと近付いて、そぉ〜っとジグを投入すると、ラインがキューンっと走って…。

 

 

【NISHINE LURE WORKS】フィネスジグ & 【Gary Yamamoto × Fish Arrow】FAホッグ 3.5"

 

 

思い通りのピンスポットでバイトしてくれた、空気の読めるスキニーな50アップ。

ヒットルアーは、深江真一さんがプロデュースされたFAホッグをトレーラーにセットした、ニシネルアーワークスのフィネスジグ。

 

 

 

 

最初に預かった初期プロトから変更を重ねて、かなり良い感じになってます。

3〜4インチのワームをセットして、スモールシルエットの一口サイズでカバーに潜むバスを狙うも良し、

 

 

 

 

琵琶湖ガイドの舞木くんみたいに、ギル系ワームをセットしてウィードに潜むバスを狙うも良し、

かなり広範囲なフィールドや釣り方に対応してくれる、とても使いやすいジグだと思います。

 

▶Mogihannon's diary「フィネスジグの有効性?」

https://ameblo.jp/boreasstaff/entry-12308803629.html

 

発売が待ち遠しいですね!

早く欲しい方は、カナダに向かってラブコールをw

 

この日は「日没まで釣り込むぞー!」と思ってたのですが(仕事しろよw)、急用が入ったので午前10時頃には終了…。

実質3時間ほどの釣りでしたが、好きなカバー撃ちで何本か釣れたし、非常に満足した短時間の釣行でした♪

 

ラージもスモールも、同じ「バス」だけど全然性格が違うんですよねぇ…。

これ、ホントに面白いです。

12345>|next>>
pagetop