April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2020.02.02 淡路島(沼島) 青物ジギング

2020年になって4回目の釣り。

今回は、淡路島の南に浮かぶ小さな島「沼島(ぬしま)」周辺で青物ジギングに行っておりました。

 

 

 

 

日本神話が好きな方なら、きっとご存知であろうこの沼島。

イザナギノミコトとイザナミノミコトが産み落とした日本で最初にできた島と言われており、そこから淡路島を産み、四国を産み、隠岐島や九州や壱岐島、そして本州など次々と島を産み続けて、この日本を作り上げたと言われています。

知らんけど。

 

 

 

 

バスフィッシングで、琵琶湖と霞ケ浦で釣り方やタックルが変わるのと同じように、ジギングの世界でも、フィールドが変われば釣り方やタックルも変化します。

いつもは丹後半島周辺の日本海でジギングをする機会の多く、沼島が浮かぶ紀淡海峡でジギングをするのは初めて。

日本海では使う機会のない(使う方もいるかもしれませんが…)、30cm定規くらいの長さがある280gのロングジグを、YouTubeで見た通りに(←私にとってジギングの先生ですw)しゃくってみると釣れたのは…。

 

 

 

 

立派な真鯛!!

細い細いワームみたいなタイラバで狙うことが多い真鯛ですが、ロングジグにガッツリとバイトしてくれました。

ちょっとビックリです(笑)

 

ところ変われば釣りも変わる。

日本海で普段やっているジャカジャカ巻きを交えたコンビネーションジャークでも釣れたので、どれも正解で間違いなんて無いのだと思いますが、まだソルトのオフショアを初めて2年目の私にとっては、勉強になることばかり。

バスフィッシングもソルトも一緒。いろんなフィールドで、いろんな釣りをしてみるべきだと、あらためて実感いたしました。

 

12>|next>>
pagetop