June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

雪あそび

「雪あそびがしたい!!」
そんな息子のリクエストに応えて、兵庫県北部の豊岡市までクルマを走らせてきました。





同じ兵庫県内でも、普段は全く雪に馴染みのない県南部の尼崎市に住んでいるので、足首まで積もる雪に子ども達は大はしゃぎ!!
雪だるまを作ったり、ソリで滑ったり、氷点下のなか身体がホカホカに温かくなるほど遊んでました。





ワタシは何を思ったのかVANSのキャンバススニーカーで来てしまったので(濡れるっちゅうねんw)、クルマに積んであったリバレイの釣り用ブーツに履き替えることに。
ちなみに、息子も釣具屋さんで買った同じくリバレイの防寒着で寒さを凌いでおりました。
こんなところでも、釣り用品が大活躍です!!





一通り遊んでからは、近所の集落を散策。
カチカチに凍った地面に足を滑らしたり、倉庫の屋根からぶら下がってる氷柱を取ってみたり、ホタルが棲んでいると言われる小川のせせらぎに耳を傾けてみたり、普段は感じることのできない空気に触れながら手を繋いで歩いてました(滑ってコケるからね)。





雪遊びを終えたあとは、クルマを少し走らせて、皿蕎麦で有名な城下町「出石(いずし)」で遅めの昼ご飯。
そばの風味を味わおうと、あえてツユをつけずに薬味だけで食べると、口の中にそばの香りと味が広がって、それはそれは「宝石箱や〜☆」な状態。
そのままで食べたり、ツユを付けたり、山芋を入れたり、蕎麦湯を飲んでみたりと、いろんな味が楽しめました。
あぁ、思い出すだけで食べたくなる…。
ちなみに、ワタシは一人で15皿食べましたw





帰りは、高速道路を使わずに一般道でノンビリとドライブ。
除雪されているので走り易かったのですが、陽が沈むにつれて気温が下がっていき、篠山市と能勢町の境にある温度計では、なんと氷点下9度を表示しておりました。
たぶん、氷点下9度なんて人生初の経験。
モノは試しと窓を開けてみたのですが、左腕が冷えて(ビンボー左ハンドル車なので)、寒いを通り越して痛かったです。
アホですな…。
pagetop