December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カナダ・オンタリオ釣行(1) BPS&ナイアガラフォールズ

9月9日から16日までの間、カナダ・オンタリオ州へ旅に出ておりました。

現地ではニシネルアーワークス 西根博司さんのご自宅にホームステイさせていただき、観光やら買い物やら釣りやら、何から何までお世話になっておりました。

 

 


 

 

『1日目 関西空港からカナダ・オンタリオへ移動』

 

 

 

 

まずは、自宅のある兵庫県尼崎市からリムジンバスで関西空港へ移動。

尼崎から阪神高速湾岸線を経由して、関西空港までは片道約1時間。

暫く見納めになる日本の景色を眺めながら、これから訪れるカナダへのドキドキとワクワク、そして20年ぶりとなる海外渡航に不安な気持ちが入り乱れ、早くも胸がイッパイに…。

 

 

 

 

しかし、そんな不安はビールを飲んで忘れることにしますw

 

 

 

 

今回は、エアカナダが設立したレジャー航空会社「エアカナダルージュ」にお世話になりました。

ルージュ曰く「LCCじゃない!」らしいのですが、機内の設備とか座席の配置とか、どう考えてもLCCですw

座席にモニターが無い…。

シートピッチが狭い…。

だけど、予想以上に運賃が安かった!!

背に腹は代えられませんw

 

機材繰りの関係で、1時間半遅れて関西空港を出発。

もちろんその影響で乗り継ぎ先であるバンクーバーの空港にも遅れて到着。

バンクーバーでは2時間しか乗り継ぎ時間が設定されてなかったので、乗り継ぎ便に乗ることができず…。

2便あとの飛行機に振り替えてもらい、当初の予定より3時間ほど遅れて、トロント・ピアソン国際空港に到着することができました。

自宅を発ってから約23時間。しんどいっちゅうねん!!

 

 

 

 

そして、空港まで迎えに来てくださった西根さんと約1年ぶりになる感動の再会!!

まぁ、奥さん&娘さんとは今年の夏に会ってたし、西根さんとも毎晩のようにチャットで連絡を取り合ってるので、久しぶりな感じは全くありませんでしたがw

 

 

 

 

到着した時間も遅かったので(現地時間23時頃)、再会の喜びもそこそこにハイウェイを走り、西根さんのご自宅へと向かいます。

片道5車線の広い道路。

右側通行。

そして…、

 

 

 

 

いきなりウォルマートの巨大なトレーラーがお出迎え。

こんなトレーラーって、映画の中で走ってるだけと思ってました。

(最終的には、巨大トレーラーだらけで遂に見飽きてしまうw)

 

日付が変わって0時を過ぎたころに、西根さんのご自宅に到着。

翌日からの行程に備えて、早々に就寝いたしましたzzz

 

 


 

 

『2日目 バスプロショップス&ナイアガラフォールズ観光』

 

 

カナダで迎える朝。

耳を傾けると、聴いたことのない鳥のさえずりが。

窓から目をやると、庭で洗濯物を干す金髪オネーチャン。

外国だ…w

 

朝食をいただいた後は、自宅から近いビーチへ。

 

 

 

 

レイクオンタリオに面したビーチ。

フォードやGMCのピックアップが普通に止まってて、窓からは犬が顔を出してゴキゲンに尻尾を振ります。

 

 

 

 

スロープが併設されており、サバーバンで大きなボートを引っ張ってきた家族は、今からボートを湖面におろして水遊び。

欧米かっ!!

 

 

 

 

そんなカナディアンリア充を見学したあとは、念願のバスプロショップスへ。

行ってみたかったバスプロショップス。

夢だったバスプロショップス。

嗚呼バスプロショップス。

このロゴに憧れて、何度「行きたい!」と思ったことか…(感涙)

 

 

 

 

お馴染みの巨大水槽。

釣具屋さんのエサコーナーでモゾモゾとうごめいているゴカイで興奮してる息子に見せてやりたい…。

 

 

 

 

プラノがイッパイ!!

何個か買って帰りたかったけど、邪魔になるので断念。

日本だと売ってないんですよねぇ…。

 

 

 

 

マスタングのライジャケ。カッコイイ!!

けど、日本じゃ使えなくなるんですよねぇ。

例の規制が施行されなければ買ってましたよ…。

 

 

 

 

もちろんレーザーアイスピナーベイトも大量にラインナップ!

このスピナーベイト良いんですよねー。

 

 

 

 

BPSなんでKVDがイッパイ!

 

 

 

 

ルアーだけでなく、フライ用品も超充実。

フライフィッシングが好きなヨメさんに見せてやりたいぜぃ…。

 

 

 

 

キャンプ用品も超充実。

キャンプ好きなヨメに見せてやりたいぜぃ…。

 

 

 

 

好きな人には萌え萌えするYETIのクーラーボックスがイッパイ!

YETI好きなヨメに見せてやりたいぜぃ…。

 

 

 

 

キャンプ用チェアーで休憩してるオジサンを発見。

 

 

 

 

巨大なフライパンを持ってるオジサンも居ました。

 

結局、バスプロショップスには約3時間も滞在しておりましたw

しかも、フロアの約半分しかまわらずにw

ホント、長々とスミマセンでした…。

(最終的に、滞在期間中はBPSに4度も訪れましたw)

 

 

 

 

バスプロショップスで釣具とライセンスを購入したあとは、ナイアガラリバーのボートランプへ。

レイクオンタリオのビーチと同様に、ここにもトレーラーを牽引したピックアップが沢山とまってます。

ちなみに、画像右側の「$19.95」って書かれてる白いピックアップはレンタカーです。

ヒッチの取付けられている車が、カナダでは普通にレンタカーとしてラインナップされています。

日本だと、よっぽど特化したレンタカー屋さん以外では、まず貸し出されてないですよね。

車検とか、故障とか、事故とか…。

自分の車がないときって、ボートを引っ張れないから困るんですよねぇ。

ワタシも何度かそれが原因で釣りを諦めたことがあります。

日本でもヒッチ付きのレンタカーを増やしてくれー!!(って需要がないか…汗)

 

 

 

 

こんな立派な公共スロープが、ちょっと走ればそこら辺に存在します。

羨ましい…。

 

 

 

 

「今日買ったばかりで、初めて浮かべるんだ♪」ってゴキゲンだったお兄さん。

エンジンが始動せず困ってましたが…。

時間が無いので手助けすることも出来ず別れたのですが、その後どうなったのか心配ですw

 

 

 

 

そのままナイアガラリバーの下流方面へクルマを走らせ、辿り着いたのは超有名なナイアガラフォールズ。

俗にいう「ナイアガラの滝」ってやつですね。

綺麗に虹がかかって、ワタシが来るのを歓迎してくれてましたw

 

写真では伝え辛いこの迫力!!

もう、水の量が凄いwww

 

 

 

 

こちらは国境を挟んでアメリカ側にあるアメリカ滝。

観光船がプカプカ浮いてますが、このあたりはシーズンになると超巨大なスモールマウスバスが遡上してくるそうです。

(もちろん釣り禁止)

 

 

 

 

ナイアガラフォールズから再び川を下り、レイクオンタリオの湖畔へ。

湖の水平線に沈む夕日を眺めながら、湖と川が作る広大な自然にワタシは感動。

ってか、湖に水平線ってw

 

そんな感じで、ほぼバスプロショップスに時間を費やした滞在2日目w

翌日は、いよいよナイアガラリバーとレイクエリーで、本場のスモールマウスバスフィッシングにチャレンジです!

pagetop