April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2018.04.11 琵琶湖

釣り友の@kazz323さんと一緒に、琵琶湖の端っこの方の浅くて濁ってるところで釣りをしてまいりました。

バンクが近くに無いと落ち着かないんで…。

 

 

 

 

まずはワタシが、下物内湖にある超シャローエリアで、スイミングジグの早巻きで45cmクラスをゲット。

このカラス天狗みたいなマスクが秀逸で、花粉症の酷いワタシは、今の時期の釣りには欠かせないアイテムですw

 

 

 

 

BOSSのヘッドに自らラバーを巻いたスイミングジグに、トレーラーはストライクキングのメネスをセット。

テールはチャートに着色して、パタパタとアクションした時のアピール力をアップ。

 

ロッドは、mibroさんの「NOMAD C-68MH」を使用しております。

同じロッドで「撃つ釣り」にも「巻く釣り」にも対応するマルチパーパスロッド。

C-68MHはワイヤーベイトやジグ&テキサスはもちろんフロッグを操作するにも最適で、その汎用性が気に入って今では3本所有しておりますw

オカッパリの時なんかだと、1本あれば様々な釣りに対応することが出来るので、機動力もアップして更なる釣果に繋がるかもしれませんね♪

 

 

 

 

そしてコチラはパートナーのカズさん。

まだ生え始めて間もないヒシモ撃ちで、ロクマルにも迫るナイスフィッシュをゲット。

測り方によっては59cm?いや60cm?の微妙なサイズ。

このクラスがフリップで釣れると楽しいですよねー!

 

ロッドは同じくmibroさんの「NOMAD C-72MH」を使用。

ロクマル級のパワーにも負けることなく、一気にヒシモから引き離してランディングの態勢に持ち込むことができました。

 

 

 

 

続いて56cmをスイミングジグで釣り上げたカズさん。

連続ヒットで、船上二人のテンションはマックスにw

見た目に反して釣った試しが無いウッドカバーがあるのですが、「ここで釣った事ないんですよぉ〜」ってワタシが愚痴ってたら、それを覆すかのようなデカバスヒット。

エエのん居てましたね…。今度から丁寧に撃ってみます…。

 

 

 

 

テンションが高いまま、次のデカバス目指して頑張ろうとしたのですが、本湖に出てみると白波が立つほどの激荒れ。

「アカン、死ぬ」

って事で、安全に考慮してお昼にはマリーナへ戻り、この日の釣りを終えました。

 

短時間でしたが、お互いに良いサイズのバスが釣れたし、相変わらず喋りっぱなしの笑いっぱなしだったし、最後はビショ濡れになったけど楽しい釣りでしたね。

カズさんまた行きましょう!!

pagetop