August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017.08.20 淀川

琵琶湖でプロガイドとして活躍されてる「モギハノン」こと舞木雅和さんに、

「たまには琵琶湖の下流でも釣りをしなさい!」って事で淀川へ。

午前10時から午後4時までの6時間しかスロープが使えないのですが、二人で目一杯キャストし続けてまいりました。

 

 

 

 

人生初淀川フィッシングとなるモギハノン。

普段は琵琶湖でガイドをする彼が、初めてのフィールドで、どのようにバスを探すのかワタシは興味津々。

 

水温28度オーバー晴天無風の淀川では、キーになるのはカレントとシェード。

それらを求め、スロープから上流へ向けて移動を繰り返します。

 

何箇所か探ったあとに入った、とあるエリア。

カレントの当たるカバーに目がけて、アノストファットの1ozフロリダリグを投入すると…。

 

 

 

 

なんと!Facebookのライブ配信中にナイスバスがヒット!

そして、ウソみたいなホントのバイトに驚き、完全に素なワタシの声w

 

 

 

 

45cmクラスのナイスなヨドガワバスが釣れましたー!!

もってるね!モギハノン!!

 

 

 

 

その後も同様のカバーやカレントを求めて移動を繰り返し、辿り着いたのは枚方大橋上流。

「浅いから二度と枚方大橋は越えない」と毎回心に誓うのに、いつも気が付きゃ辿り着いてしまってる上流域。

そして「言うた通りやろ?」と、船外機のペラを川底に擦ってしまいヘコむワタシ…(涙)

 

 

 

 

そんな傷心中のワタシを尻目にキャストを繰り返すモギハノンは、アノストのネコリグで2本目のバスをゲット。

 

 

 

 

「フォローでネコリグ入れてみようかなぁ〜」

なんて呟いてボートを転回させた直後に釣っちゃうんだから、「流石だなぁ〜」と感心しちゃいます。

 

 

 

 

ワタシの操るマグナムトリックワームにも待望のバイトがあったのですが、サイズはこんな感じw

このサイズのワームを、よく食ったもんだ…。

 

 

 

 

っと、相変わらず難易度の高い淀川ですが、普段はガイドとして活躍されてる方が、初めてのフィールドでどんな風にバスを探すのか?とても勉強になった一日でした。

 

ありがとうモーギくん!また淀川で釣りしようぜぃ!!

 

2017.08.17 琵琶湖

何度か釣りに行ってはいたのですが、バタバタと忙しくてブログアップできず…。

久々の釣行記になります。

 

この日は、6月に一緒に八郎潟にも行った@kazz323さんと一緒に琵琶湖へ。

北湖東岸の流入河川からスタートしたものの、バスからの反応を得ることが出来なかったので、バビューンっと一気に南下し、辿り着いたのは人工島水路内にある流入河川。

川面を覆うヒシ藻へテキサスリグを撃ちこんでいくと、小型ながらも幸先よくバスがヒット♪

 

 

 

 

ラインにグングンとバイトの感触は伝わると同時に、水面のヒシ藻がモゾモゾとするあの光景は、サイズを問わず何度見ても興奮しますねw

更に撃ちこんでいくと、ヒシ藻が「モゾモゾ…グーンッ!!」と水中に引き込まれて、上がってきたのは50cmを超えるナイスバス!

 

 

 

 

バスと一緒に、ワタシも口を大きく開けてみましたw

ヒットルアーは5"センコーのニジマスカラー。

噂によると、このカラーは廃盤になるとか?

釣れるのになぁ…。

 

 

 

 

ヒシ藻に擦れて傷んだラインを結び変えていると、バックシートの@kazz323さんがビッグバスとファイト中w

こちらは、エスケープツインのパンチショットでのヒットでした。

ヒシ藻フリップ楽しいですよねー!!

 

 

 

 

その後は、ひたすた撃ちまくって数本を追加したところでタイムアップ。

暑さにヤラれて疲れましたが、釣りをしまくって、喋りまくって、とても楽しい一日を過ごすことができました。

次はいつ行こうかなぁ…。ヒシ藻にセンコー撃ちたいよぉー!!

2017.06.28 琵琶湖

琵琶湖でプロガイドとして活躍されてる、舞木雅和さんがガイドプラで出船されると言う事だったので、ワタシもお邪魔してまいりました。


ガイドプラなので、エリアや釣り方などの詳しい解説は出来ませんが(知りたい方はガイドを受けてくださいねw)、この日重点的に回ったのはギルのいるエリア。

「これ、イイんじゃないかなぁ?」

ってひらめきでリグった、若干バランスの悪そうなリグが大当たり!



【NISHINE LURE WORKS】プロトジグ & 【deps】ブルフラット3.8"



【NISHINE LURE WORKS】プロトジグ & 【HIDEUP】スタッガーワイド4" & 電話中のモギハノンw



ニシネルアーワークスのプロトジグが大活躍!

ギル系の平べったいワームとセットすると、一見アンバランスなセッティングなのですが、それがホニャララであんな事になり良い感じw

このようなセッティングだけでなく、ちょっとしたカバー撃ちや、中層スイミングなど、様々な用途で使うことの出来る、きっと「待ってました!」的なジグに仕上がると思います。

発売するか否かは西根さん次第!?

欲しい方は、カナダに向かってラブコールを送り続けてくださいねw



【BOREAS】モザイクチャター1/2oz & 【Reaction Innovations】スウィートビーバー4.20



巻いて反応のあるエリアでは、モザイクチャター&スウィートビーバーのセットが活躍してくれました。



【BOREAS】モザイクチャター1/2oz #109チャートギル

http://shop.studiosora.net/?pid=118542855



ピンテール系のワームをセットすることの多いチャターベイトですが、ギルやフナなど体高のあるベイトを捕食しているバスを狙うには、このスウィートビーバー縦刺しセッティングもオススメです。





ワタシの場合は、ボディについてるパーツを全て切り落とし、テールを二股に裂いてセット。

硬い素材のスウィートビーバーですが、チャターベイトにセットすると、ブレードから発生する振動がトレーラーワームに伝わって、とても艶めかしいアクションで泳いでくれますよ。

大型のギルが多いエリアでは、画像の4.20ではなく、もうワンサイズ大きいダブルワイドビーバー5.20の縦刺しセッティングもオススメですよ♪


今日もガイドで琵琶湖上に浮いてるモギハノン。

この日のプラが活きて、ゲストさまにナイスフィッシュが釣れるよう祈っております!

ガイド頑張ってね!


▶舞木雅和オフィシャルサイト http://mougimasakazu.com/




2017.06.15-17 八郎潟

先週はお休みをいただいて、お客さま?飲み仲間?釣り仲間?そんな感じのお二人と一緒に、そして現地では福島に住む仲間とも合流して、秋田県の八郎潟へと行っておりました。

 

 

 

 

到着した日は気持ちの良い天気だったのですが、実際に釣りをした2日半は曇り空の日が続き、念のためにと持ってきてたインナーダウンやヒートテックが活躍するほど。

自宅では短パン&Tシャツで過ごしてた関西人には、非常に寒く感じておりました。

 

 

【Freud's Fishing Company】CJスクエアビル

http://shop.studiosora.net/?pid=118476551

 

 

私たちが訪れるまでは、アシ撃ちが良いとの情報だったのですが、実際にやってみるとアシ撃ちは全くのノー感じ。

バスを導き出してくれたのは、テキサス州で産声をあげたハンドメイドクランクベイト「Freud's Fishing Company - CJスクエアビル」と、

 

 

 

 

何か呼ばれたように現地の釣具屋さんで仕入れた「ラパラ - DT6」でした。

リップラップエリアで巻くクランクベイトが、ボトムにコンタクトして弾かれた瞬間にバイト。

うーん、最高…。

 

 

 

 

バスよりも元気にアタックしてくれたのは彼。

こちらの「ストライクキング - 3XD」にはガッツリと大きな歯形が。

他にも何本か釣れて、大切なウッドクランク数個に大きな穴を開けてくれました。

早いとこ補修せねば…。

 

 

 

 

イマイチだった釣果は、ビールを飲んで忘れると言うことで…。

どちらかと言うと、この時間のために釣りをしてるって感じでしたw

いやー、毎晩飲み続けたビールは美味かったです。はい。

 

 

 

 

八郎潟遠征で走った距離は往復で2057km。

家に着いた瞬間は「遠いし二度と行くかっ!」なんて思ってたのですが、既に「また行きたいなぁ〜」って思ってる自分がココにw

延々と続くアシとリップラップ。

またあの空気を吸いに、来年も八郎潟へ行ってみたいです。

2017.05.09 琵琶湖

琵琶湖でプロガイドをされてる、舞木雅和さんことモギハノン(逆か?)の、ガイドプラを兼ねたプライベート釣行にお邪魔してまいりました。

 

 

 

 

ミツビシのデリカD5に乗ってますが、気持ちは常にスバリストなワタシw

前でエレキを踏むモギハノン氏は、ずっとアレやコレやとブツブツ喋っておられます。

まぁ、それを聞いてると勉強にはなるのですが、面倒な時は適当に聞き流しておきますw

 

北湖東岸のシャローエリアを中心に、今後のガイドに活かせる釣り方やエリアを探るべく、色んな釣りを試してみたのですが、動きの速い釣りには全くのノー感じ。

そこで、ボレアスからリリースされる予定のプロトワームノーシンカーをカバーに入れてみると、ス〜っとラインが横に走って…、

 

 

BOREAS - デビルズテール(プロト)

 

 

動きを見せてもらったのですが、フラフラと弱った魚のようにフォールして、かなーり良い感じ♪

発売されるのが楽しみです!!

 

そして、その後も良いエリアを探して移動を繰り返し、モギハノンの直感と閃き(俗に言う、モギハノンの「わかったぞ」ですねw)で入ったとあるエリア。

単調な景色の護岸されたストレッチが続くエリアなのですが、その中でも微妙なカバーや地形変化のあるピンを、モギハノン的春の定番アイテム「アノストファットのフロリダリグ」をフリップすると、「これはデカイ!!ヤバイぞぉー!!!!」っと叫ぶ声が!!

 

 

 

 

「がんばれ!モギハノン!!」って応援の末にwあがってきた大きなバス!!

 

 

BOREAS - アノストファット6"

 

 

ノースフォークコンポジットが綺麗な曲線を描きながらあがってきたのは、年齢を感じる魚体のテンパウンダーでした!!

ロクマルは自分でも釣ったことがあるし、見たこともあるけど、テンパウンダーを見たのは私自身はじめて。

いやー、スゴイですね…。

 

 

これと言って目立った釣果を耳にしない北湖東岸。

そんな中で、少しでも条件の良いエリアを探し出し、さらに条件に合うルアーとアプローチを導き出すモギハノンガイド。

今回もとても勉強になりました。

ありがとう!モーギくん!!

 

▶舞木雅和オフィシャルサイト http://mougimasakazu.com/

 

えっ!?ワタシの釣果?

「Goose Egg」ってやつですね…(汗)

2017.03.29 琵琶湖

29日は、大型釣具店で勤務されてるカリスマ店員Kさんと一緒に琵琶湖へ。

先日開催された「琵琶湖オープン」に、ボーターとしての初参戦で見事に準優勝を飾った、舞木さんことモギハノン(逆かw)のボートへお邪魔しておりました。

 

午前中は季節を先取りして北湖東岸のシャローエリアを転々としたのですが、時折バイトがあるもののフッキングには至らず。

う〜ん、「もう少し水温が上がれば」って感じなんでしょうか…。

 

湖上ラーメンの休憩をはさみ、水温のあがった午後。

とあるエリアで舞木さんの操るスイムジグにバイト!

 

 

 

 

「低水温+クリアな水」の式が一致すると、やっぱりスイムジグは効きますねー。

ならばと、ワタシも諦めずに投げ続けると、

 

 

 

 

相変わらず花粉症対策で誰か分かりませんが、一応ワタシですw

リベンジヘッド&BKスイムベイトの組み合わせでナイスバスがヒット♪

ここのバスのファイトは相変わらず強烈で、いつも冷や冷やさせられます…。

 

 

 

 

同じリグで更に1本追加し、この日の釣りは終了。

舞木さんと一緒に釣りをすると、毎回新しい発見があり、ホント勉強になります…。

ここで得た経験を、自分の釣りに取り入れて活用したいですね!

 

モーギくん、Kさん、ありがとうございました!

スイムジグとウ●コリグの更なる勉強に精進いたしますw

2017.03.22 琵琶湖

打ち合わせ&撮影&ちょっと釣りを兼ねて、プロガイドとして活躍されてる「モギハノン」こと舞木雅和さんに会いに、琵琶湖へ行ってきました。

 

 

▶舞木雅和オフィシャルサイト http://mougimasakazu.com/

 

 

一週間前に、スズキの船外機に積み替えてゴキゲンなモーギくん。

北湖のとあるエリアで、ガイドプラを兼ねて、ちょっと季節を先取りした釣りを展開。

おニュー船外機を擦ってしまうような超シャローでフリッピンスティックを操っていると、念願のバイトサインが手元に伝わり…、

 

 

 

 

誰か分からないけど、一応ワタシですw

マスクと偏光グラスで顔が見えませんが、実は満面の笑みですw

 

 

mibro 「デスサイズ4インチ(#01アラバマクロー)」

http://shop.studiosora.net/?pid=113305814

 

 

前日に降った雨の影響で濁っていたのですが、パタパタ動くデスサイズの爪がバスにアピールしてバイトへと導いてくれました!

いやー!良いっすね!!

 

 

 

 

その後も、舞木さんがテストされてるルアーで何度か反応を得ることができました。

毎日湖上に出ているので、その経験と拘りが存分に詰め込まれていましたよ。

近々その内容を紹介してくれるそうなので、ブログを欠かさずチェックされてくださいね!

▶Mogihannon's diary http://ameblo.jp/boreasstaff/

 

仕事や用事でなかなか釣りに行くことが出来なかったのですが、一度行ってしまうとダメですねぇ。

ガマンできないw

今すぐにでも、また釣りに行きたいです。

バスフィッシング楽しいぞぉー!!

ポカポカ陽気

息子とお友達に誘われて近所の公園へ。

 

 

 

 

ポカポカとした陽気で、思わず上着を脱いでしまうほどでした。

もう春本番!?

釣りをするにも気持ち良い季節になりましたね!

(ワタシゃ花粉症で大変ですが…汗)

 

ボックス整理

「個人事業主の気が狂いそうになるアレ」を終えた日曜日の朝。

いつもの青空が一段と透き通って見えるほどの、清々しい解放感に浸っております。

 

そんな日は、朝からマクドのコーヒーを飲みながらタックル整理。

 

 

 

 

フックが絡まって知恵の輪みたいになってたので、大量にフックカバーを買ってきました。

領収書の整理より、ボックスの整理の方が断然楽しいですw

 

 

 

 

BGMは小沢健二で。

いやー、懐かしい。高校時代を思い出します。

ラインが絡まって…

仕事も終わって、お風呂にも入って、

「釣りに行きたいなぁ〜」

なんてリールをグリグリしてたら、急に感触がおかしくなったので裏側を覗きこむと、

 

 

ウォームシャフトにPEラインが絡まっとるがな…(汗)

 

 

ドラグを緩めてた上に、ふわ〜っとしてるPEラインなので、ラインの弛みが食い込んでしまったんでしょうねぇ。

めっちゃ寝るテンションだったのに、分解しないとアカンがな。

面倒臭ぇ…。

 

 

 

 

面倒だと思いながらも、このまま放置しておくわけにもいかないのでバラしましたよ。

夜中の1時過ぎにw

 

せっかくパカッと開けたので、絡まったラインを取り除くついでにリールメンテ。

風呂上がりだと言うのに、手が油でギトギトですw

12345>|next>>
pagetop