June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017.05.09 琵琶湖

琵琶湖でプロガイドをされてる、舞木雅和さんことモギハノン(逆か?)の、ガイドプラを兼ねたプライベート釣行にお邪魔してまいりました。

 

 

 

 

ミツビシのデリカD5に乗ってますが、気持ちは常にスバリストなワタシw

前でエレキを踏むモギハノン氏は、ずっとアレやコレやとブツブツ喋っておられます。

まぁ、それを聞いてると勉強にはなるのですが、面倒な時は適当に聞き流しておきますw

 

北湖東岸のシャローエリアを中心に、今後のガイドに活かせる釣り方やエリアを探るべく、色んな釣りを試してみたのですが、動きの速い釣りには全くのノー感じ。

そこで、ボレアスからリリースされる予定のプロトワームノーシンカーをカバーに入れてみると、ス〜っとラインが横に走って…、

 

 

BOREAS - デビルズテール(プロト)

 

 

動きを見せてもらったのですが、フラフラと弱った魚のようにフォールして、かなーり良い感じ♪

発売されるのが楽しみです!!

 

そして、その後も良いエリアを探して移動を繰り返し、モギハノンの直感と閃き(俗に言う、モギハノンの「わかったぞ」ですねw)で入ったとあるエリア。

単調な景色の護岸されたストレッチが続くエリアなのですが、その中でも微妙なカバーや地形変化のあるピンを、モギハノン的春の定番アイテム「アノストファットのフロリダリグ」をフリップすると、「これはデカイ!!ヤバイぞぉー!!!!」っと叫ぶ声が!!

 

 

 

 

「がんばれ!モギハノン!!」って応援の末にwあがってきた大きなバス!!

 

 

BOREAS - アノストファット6"

 

 

ノースフォークコンポジットが綺麗な曲線を描きながらあがってきたのは、年齢を感じる魚体のテンパウンダーでした!!

ロクマルは自分でも釣ったことがあるし、見たこともあるけど、テンパウンダーを見たのは私自身はじめて。

いやー、スゴイですね…。

 

 

これと言って目立った釣果を耳にしない北湖東岸。

そんな中で、少しでも条件の良いエリアを探し出し、さらに条件に合うルアーとアプローチを導き出すモギハノンガイド。

今回もとても勉強になりました。

ありがとう!モーギくん!!

 

▶舞木雅和オフィシャルサイト http://mougimasakazu.com/

 

えっ!?ワタシの釣果?

「Goose Egg」ってやつですね…(汗)

<<back|<1234>|next>>
pagetop