December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最近の釣りアレコレ

6月25日の更新以来、ずっと途絶えてたこのブログ。

超久々の更新です…(汗)

 

前回の釣行記では、

「今年度の淀川スロープ利用解禁日だぁ〜!!」

なんて言ってたのですが、そんなスロープ利用期間も昨日(14日)で終わっちゃいました…。

 

 

2018.10.14

 

 

 

相も変わらず、スロープ利用可能時間の短い淀川。

この日も午前10時から午後3時までの5時間釣行です。

 

晴天ドピーカンのこの日。

「秋の行楽日和」とでも言いたいところですが、それが釣りとなると、なかなか難儀なところ…。

さんさんと太陽の日差しが降り注ぐなか、オーバーハング下の陰に潜んでいるであろうバスを狙うと、開始早々に答えが返ってきました!

 

 

 

 

ニシネルアーワークスさんのプロトワームで釣れた、50cm(には数ミリ満たないw)のナイスバス!

分かる人には背景で分かるであろう、鳥飼大橋の下で釣れましたw

渋滞中の車から自撮りしているのは丸見えで、少し恥ずかしい…。

 

私が以前、ニシネルアーワークスのフィールドテスターを務めてた頃に預かったプロトワームを、西根さんのご厚意に甘えて、現在も使わせてもらってるのですが、このワームが超イイ感じ♪

どんな形状や種類なのかは明かせないので、何をどう書いて良いのやら分かりませんが、いろんなシチュエーションで様々なリグに対応するソフトベイトだと思います。

カナダでも西根さんはもちろん、プロスタッフのポールさんやタローさんが釣りまくってるし、日本でもテスターさんが各地で釣ってらっしゃいますね。

製品化に向けて頑張っておられるようなので、気になる方はカナダに向かって「早く販売してくれ〜!」っと叫んでみてくださいw

 

 

2018.10.9

 

 

 

で、そんな発売が待ち遠しいプロトワームですが、一週間前の琵琶湖でも、実はグッドコンディションのバスを釣っております。

東岸の流入河川へ入ったのですが、数日前に降った雨の影響もあり、濁りとカレントが入っている良い状況。

淀川で釣ったものと同じリグで、同じようなシチュエーションで、これまた同じようにプロトワームを投入すると…、

 

 

 

 

ルアー丸飲みで隠れてますが、プロトワームで釣ったナイス50アップ!

このワーム、着水するとアレがこうなって、あんな感じで…。

早く製品化してくれー!!w

 

 

 

 

西根さん繋がりで言うと、同じ流入河川内ではチッパワRBスローフロートモデルでも釣れました。

サイズは小ぶりですけどね。

橋脚の際にキャストして、ボトムにコンタクトした瞬間にリトリーブをストップ。

すると、スローフロートモデルの特徴でもある「シミーしながらの浮上」で一瞬の間を作って、そのタイミングでグラスロッドがガツンっと入る、超気持ちの良い食い方。

そんな気持ちイイ感じで釣れた時は、サイズを問わず嬉しいものです。

 

 

2018.10.05

 

で、チッパワRBのスローフロートモデルと言うと、流入河川内で釣った数日前にも、同じく琵琶湖で釣っております。

 

 

 

 

こちらは、南湖で釣ったガリガリのバス。

トリプルインパクトみたいな体型をしてましたよ…。

流入河川で釣ったのと同じで、リトリーブを一瞬止めて、浮上時のシミーアクションで口を使わせる感じ。

あのプルプルっとする浮上時の揺れ方は、バスにバイトにキッカケを与える、重要なアクションだと思います。

たぶん…。

 

この日は、クランキンだけでなくフリップでも釣ることができました。

 

 

 

 

mibroさんの新作「デスサイズ3.75"」のリーダーレスダウンショットで。

 

 

 

 

ノマドC-72MHで、ヒシモの生える手前側を撃ち続けると釣れました。

 

っと、ここ最近の釣りを超大雑把に振り返ってみましたw

個人のFacebookやInstagramではチョコチョコと更新してるのですが、なかなかブログにアップする時間がなくて…。

全国15万人のコッシーファンの方には大変ご迷惑をお掛けいたしました(おいおいw

 

次は、どのフィールドに行こうかな?

また楽しい釣りができて際には、ブログにもアップしたいと思っております。

(更新がなければ釣果を察してくださいw)

<<back|<12345678>|next>>
pagetop