September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

残り一週間

「THE KEEP CAST 2016」の開催まで、残り一週間を切りました。
今回は、初の出展となる「NISHINE LURE WORKS」のスタッフとして参加させていただくので、その準備にせっせと勤しんでおります。





なんて事の無い小道具ですが、少しでも喜んでいただければと思い、知恵を振り絞ってアレやコレやとチャットで毎日のようにミーティング。
とても素敵なブースに仕上がると思います。たぶん…。
キープキャストにお越しの際は、ぜひNISHINE LURE WORKSのブースにもお立ち寄りくださいね!!

ちなみに、この画像のアイテムは何でしょう?
正解は会場でw

管理釣り場へ

先月末にオープンしたばかりの管理釣り場へ、家族4人で行っておりました。





開場時間に合わせて、子ども達も朝5時に起床。
いつも保育園に行くときはグズって起きない5歳の息子も、
「釣り行くよー」
と声を掛けると、グズグズ言うこともなくスッと起きることができました。
頑張って起きたね♪

と言うのも、この日の釣りは息子と妻のリクエストによるもの。
この年齢が釣りに行きたいと自ら言うなんて、ワタシの英才教育の成果がドンドンと現れてておりますw

準備を済ませて、息子への説明がてらキャストした一投目。
ワタシの操るスプーンに早速レインボートラウトがヒット!!





「パパすげー!!」
と、親父の威厳を見せつけることができましたw
※こちらのトラウトは、晩ご飯にいただくようにキープしたものです。
キープしないリリースフィッシュは、陸にあげることなく水中でリリースしております。





寒いなか、頑張ってキャストを繰り返す我が息子。
その釣りバカっぷりに、父は嬉しいぞw

しばらくワタシは娘の面倒を見ていると、隣から「キター!!」の叫び声。
息子が自らの手でキャストからリトリーブまで全て一人でこなし、念願のレインボートラウトを釣ることができました。





いやー、良かった良かった。
サイズもワタシが釣ったものより少し大きかったので、「パパより大きいのが釣れたー!!」と喜んでおりましたw

新しくオープンしたばかりのコチラの管理釣り場は、受付やトイレなどの施設もキレイし、スタッフの方も家族連れに親切で、とても楽しく釣りをさせていただくことができました。
たぶん、また「行きたいー!!」って言うんだろうなぁ。
ヨメも子どもも釣りが好きだと、それはそれで大変ですw

フィッシングショー OSAKA 2016



インテックス大阪で開催されている、「フィッシングショー OSAKA 2016」の業者日に行ってきました!!
気になるアイテムを実際に見て触れることの出来る、年に一度の貴重なイベント。
良い勉強になりました。

明日からの土日に行かれる方も多いのでは?
話題の新製品が沢山展示されていましたよ。
カタログを持って帰れるように大きなバッグを持参して、存分に楽しんできてくださいね!!

梱包作業なう

カナダより到着したビーツァM7を、お客様へお届けすべくひたすら梱包中。
まぁ、こんな(↓)感じですかね。





ちょっと違うけど、およそこんな感じです。
システマチックな機械と、それを操る従業員が全ての作業をしてくれているので、ワタシはソファで横になりながらTVを観てるだけ。
楽なもんです。





なワケもなく、実際は必死のパッチで一人に頑張ってますw
両面テープを剥がしたあとの白いアレで、デスクがモリモリになっております…。
特に安いワケでもなく、なんらサービスがあるわけでもないのに、数あるネットショップの中からウチでお買い上げいただいたことに、ホントに感謝の気持ちでイッパイです。
ありがとうございます!!





作業用のBGMは星野源さん。
この「SUN」を聴いてると、なんだかHappyな気分になりますね♪
ちょっとお昼ご飯休憩をした後、再び頑張って梱包しますっ!!

雪あそび

「雪あそびがしたい!!」
そんな息子のリクエストに応えて、兵庫県北部の豊岡市までクルマを走らせてきました。





同じ兵庫県内でも、普段は全く雪に馴染みのない県南部の尼崎市に住んでいるので、足首まで積もる雪に子ども達は大はしゃぎ!!
雪だるまを作ったり、ソリで滑ったり、氷点下のなか身体がホカホカに温かくなるほど遊んでました。





ワタシは何を思ったのかVANSのキャンバススニーカーで来てしまったので(濡れるっちゅうねんw)、クルマに積んであったリバレイの釣り用ブーツに履き替えることに。
ちなみに、息子も釣具屋さんで買った同じくリバレイの防寒着で寒さを凌いでおりました。
こんなところでも、釣り用品が大活躍です!!





一通り遊んでからは、近所の集落を散策。
カチカチに凍った地面に足を滑らしたり、倉庫の屋根からぶら下がってる氷柱を取ってみたり、ホタルが棲んでいると言われる小川のせせらぎに耳を傾けてみたり、普段は感じることのできない空気に触れながら手を繋いで歩いてました(滑ってコケるからね)。





雪遊びを終えたあとは、クルマを少し走らせて、皿蕎麦で有名な城下町「出石(いずし)」で遅めの昼ご飯。
そばの風味を味わおうと、あえてツユをつけずに薬味だけで食べると、口の中にそばの香りと味が広がって、それはそれは「宝石箱や〜☆」な状態。
そのままで食べたり、ツユを付けたり、山芋を入れたり、蕎麦湯を飲んでみたりと、いろんな味が楽しめました。
あぁ、思い出すだけで食べたくなる…。
ちなみに、ワタシは一人で15皿食べましたw





帰りは、高速道路を使わずに一般道でノンビリとドライブ。
除雪されているので走り易かったのですが、陽が沈むにつれて気温が下がっていき、篠山市と能勢町の境にある温度計では、なんと氷点下9度を表示しておりました。
たぶん、氷点下9度なんて人生初の経験。
モノは試しと窓を開けてみたのですが、左腕が冷えて(ビンボー左ハンドル車なので)、寒いを通り越して痛かったです。
アホですな…。

ウパッ

社員1000名を抱える当社ですが、ワタシは主に社長室で仕事をしており、勤務中は専ら一人で黙々とパソコンに向かっております。
(はい、前半ウソですw)
独りぼっちの寂しさを癒してくれるのが、一昨年から同居している2匹のウーパールーパーくん。





水槽に寄ると、コチラまで近づいてくれるのがカワイイんですよねー。
まぁ、ただ単にエサが欲しいだけなんだろうけど。

外来生物法が施行される以前は、90cmの水槽でバスも何匹か飼育していました。
アロワナなどに与える乾燥飼料をエサにしていたのですが、1匹が食べると他のバスも奪い合うようにエサに食いついたり、ブクブクから出る水流で急にエサが動くとリアクションで食べたり、バスの捕食行動を垣間見ることができ、色々と勉強になりました。

もう今ではバスを飼育することは出来ませんけどね。
慣れると手渡しでエサを食べたりして、なかなかバスも可愛いやつなんですよ♪

Nories Bug

ウチの近所に黄色い看板の中古釣具屋さんがあるので、たまに自転車でブラリと行ってみる事があるのですが、昨日の夕方訪れた時に、ワームコーナーでこんなモノを見つけました。





KINAMI BAITSの「Nories Bug」と言う名のワーム。
ゲーリー・ヤマモトの息子であるデレック・ヤマモトが手掛けるKINAMI BAITS。
親父さんのブランドでお馴染みのワーム達を、カタチそのままネーミングを変えて販売しており、本家にはないカラーがラインナップされているので、たまにお世話になっています。
ってか、なくなったんでしたっけ?このブランド?
で、このNories Bugはどんなモノかと言いますと…。





エスケープリトルツインやんwww
このワームの存在を初めて知ったのですが(無知でお恥ずかしい・汗)、あまりにも大胆な行動にビックリw
公認なの?ただのパクリなの?
こんなワームがあったんですねー。
カラーも良いし、メチャ釣れそう♪
しかもお値段200円。ラッキー!!





PSYCHO DADも同じコーナーに売られていたので、迷わずゲット。
先日、iRodのGenesis 2も手に入れたので、これでパンチングすればコスプレは完璧ですねw
こちらも200円でお買い上げ。安っ!!

洗車

超寒がりなワタクシ。
基本的に冬は洗車しないのですが、ここ最近の黄砂?PM2.5?ただの砂埃?か何か分かりませんが、愛車のボロブレイザーが泥々に汚れていました。
なので、寒風の吹くなか頑張って洗いましたよ…。





よし、キレイになった。
14年落ち走行距離13万キロのトレイルブレイザーくん。
最近いろんな箇所から異音がしますがw、買い換える余裕なんてないので、まだまだ頑張って走ってくださいね。





でも、コチラはアウトな様子。溝が無ぇ…(汗)
おかげで財布も寒くなりそうです。
 

ボートメンテ




近々ボートを使う予定があるので、いろいろと準備をしていました。
お昼のうちにやってれば良いのに、こんなに暗くなってから。
暖冬とは言え、陽が沈むとやっぱり寒いです…。
 

家族の肖像




5歳になる息子が、保育園で一生懸命に書いてくれた家族の絵。
家族4人でパトカーを見てるんだそうです。
何故にパトカーなのか…w

いつもこんな感じで家族の絵を描いてくれるのですが、どの絵を見ても全員が笑顔なんですよね。
親バカかもしれませんが、どんな有名な画家の方が描いた絵よりも、息子の描いた笑顔の絵に癒されてしまいます。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop